NPO法人の税務

質問内容

報酬を交際費で計上すると源泉徴収税は不要?

質問者: 投稿日:reg_datetime記事番号:060418103100000001

市からの委託で、請負業(収益事業)を行っているNPOです。
平成29年度に講演会で講師をお願いした方4名に金券で¥5,000-のお礼をしました。
当然報酬支払いと考え、会計上は¥5,510-支払いで計上し、¥510-は源泉徴収税の預かり金としましたが、代表理事から、「交際費で計上するから、税金は支払わなくてもいい」と言われました。

交際費の中で下記の5項目に含まれなく、接待費のように課税対象として、控除されないものであれぱ、法人として税金をうことになるので、源泉徴収税は不要かもしれないと思いますが、法人税申告書の別表15は、提出していませんので、理解不能です。

①専ら従業員の慰安のために行われる運動会、旅行等のために通常要する費用
②飲食等に要した費用で1人当り5000円以下となるもの
③カレンダー、手帳、扇子、うちわ、手ぬぐいを贈与するための通常要する費用
④会議に関連して茶菓子、弁当などで通常要する費用
⑤寄付金、商品等の値引又は割戻し、広告宣伝費、福利厚生費又は給与とされる費用

上記の様なルールがあるのであれば、その詳細を教えてください。
よろしく、お願いします。

回答投稿時の注意

回答内容は質問内容に沿ったものでお願いいたします。 また公序良俗に反するような用語や文面、不正確な情報を元にした意見や批判、感情的な意見、 その他当サイトに掲載すべきでない情報の入力はしないようお願いいたします。
また一旦投稿した内容の変更はできませんのでご注意ください。削除を依頼される場合はサイト運営者までお願いいたします。

回答投稿

以下のすべての項目にご入力ください

回答者名(ニックネーム可)
回答内容

以下は非表示ですが、ご入力ください

NPOまたは所属団体名
※所属団体がない方は「個人で活動」などとご入力ください
お名前(ご本名)
E-mail

ご利用上の注意と個人情報の取り扱いに同意の上、投稿してください

このページの先頭へ