認定NPO法人 NPO会計税務専門家ネットワーク

menu

NPO法人の税務

質問内容

Q残余財産について

質問者:midori  投稿日:2020.05.15  記事番号:051520104100000005

秋岡様

大変失礼しました。質問が会計に関することなのか、税務に関することなのかもわからないど素人です。
アドバイスよろしくお願い致します。

この度、「NPO法人を解散」することになりました。しかしあと「100万円ほど」残っています。これをなるべく早く処理したいと考えています。
「理事長が清算人になり報酬として給付する」方法と、「解散後に退職手当として理事長に支給する」方法を考えております。
どちらの方法が良いのか、または他に、より良い方法がございましたら、教えていただけますでしょうか。
よろしくお願いいたします。

回答する

役に立った

0人の方の役に立ちました

回答内容

A1

回答者:秋岡  投稿日:2020.05.15  記事番号:051520104110000005

midori様

振替の質問ありがとうございます。

まず、理事会で話し合ってください。
決議してからと思います。
たとえば、報酬を支払う場合は報酬規程に則り支払う、退職金なら退職金規定に則り支払ってください。
さらに貴社の定款では、残余財産の処分はどうするかについて確認してください。
総会の決議ですので、承認が必要です。
団体のミッションにかなうようにしていただければよいと思います。
かなう方法が最もよい方法と思います。
よろしくお願いします。

秋岡

A2

回答者:秋岡  投稿日:2020.05.16  記事番号:051620104120000006

midori様

追伸です。
私の関与したNPO法人が解散した時の実際の話です。
配食サービスを行っていた団体は同事業を行っていた他団体に厨房機器を寄付し、残った現金は地元の社会福祉協議会に寄付しました。
介護事業を行っていた団体は職員とヘルパーさんとで簡単な食事会を開きました。
参考になれば幸いです。

秋岡

A3

回答者:midori  投稿日:2020.05.16  記事番号:051620104130000006

ありがとうございます!

土曜日なのにありがとうございます。寄付ですか♬

実は、同じメンバーで合同会社を立ち上げています。少しずつNPO法人のお金を移行していましたが、9月が決算期のため、急いで残余財産を無くす方法を探していました。

教えてくださった寄付を、NPO法人から全く同じメンバーで立ち上げた合同会社に対してしても、大丈夫でしょうか。

また、その際の仕訳も教えていただけると助かります。

無知でお恥ずかしいです。

A4

回答者:秋岡  投稿日:2020.05.17  記事番号:051720104140000007

合同会社はNPO法人と違って、法人税は「全所得課税」となります。
ですので、寄付金も法人税の対象となります。
一方、NPO法人は「収益事業課税」です。
簡単に言いますと、
収益事業課税とは、法人税法上の収益事業を営む場合に限り法人税がかかるという事です。
一方、全所得課税とは読んで字の如しで、全ての所得に法人税がかかるという事です。
合同会社に入る全ての収入(寄付やないかもしれませんが会費でも)が法人税の対象となるのです。
設立第1期の決算が黒字でしたら、法人税がかかるという事です。
もっとも均等割(法人地方税)は赤字でもかかります。
寄付金収入の仕訳は
(借方)      (貸方)
現金預金×××   雑収入 ×××
でよいと思います。
もちろん、雑収入の科目以外でも可です。
秋岡

A5

回答者:midori  投稿日:2020.05.20  記事番号:052020104150000003

ご丁寧にありがとうございました。助かりました。

一連の投稿を、削除していただけますでしょうか。お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。

A6

回答者:白石  投稿日:2020.05.22  記事番号:052220104170000005

NPO会計税務専門家ネットワーク事務局の白石です。

当掲示板は、HP上で公開することを前提にして、無償で回答しておりますので、
原則として、投稿内容が利用規約に違反しない限り、削除はできません。
貴団体に投稿が削除されないことで支障が生じる場合は、
こちらの相談室ではなく、その理由を明記の上
事務局あてに直接ご連絡いただけますでしょうか。

https://npoatpro.org/contact.html

お手数おかけしますが、よろしくお願いします。
 以上。