1. HOME
  2. NPO法人の会計
  3. 質問・回答の詳細

NPO法人の会計

質問内容

剰余金隠し??

質問者:ハンモック投稿日:2015.06.30記事番号:063015102660000002

市から指定管理されて就労支援事業を運営するNPO法人です。
2013年度、残額X円が生じた決算書を作成後、2014年度の決算書を繰越額として整理しましたが、「残額X円を2014/5/16に定期預金にしたので2014年度の会計は0円からスタートした決算書を作成せよ」と、上司から指示されました。(今頃になってですが)
定期預金の目的も曖昧で、対応に困っていますが、上司の言うままに処理しても良いでしょうか。
なお、市役所は「善し悪しを回答する権限はない」というものでした。

回答する
役に立った

3人の人の役に立ちました

回答内容

1回答者:脇坂誠也投稿日:2015.07.11記事番号:071115102670000006

お返事遅れすみませんでした。

活動計算書で作成しているのであれば、活動計算書は損益計算書に相当するものですので、定期預金に繰り入れたからといって、それを費用に計上することはできません。

NPO法は2012年の改正で、NPO法人が作成する決算書は収支計算書から活動計算書に変更になりました(当分の間収支計算書で作成することも認められています)。

活動計算書に変更になった趣旨の一つは、今回のような、法人の都合のいいように処理できるような方法を排除するということもあるかと思います。

このページの先頭へ
< !-- [ footer ] -->