1. HOME
  2. NPO法人の会計
  3. 質問・回答の詳細

NPO法人の会計

質問内容

NPO法人設立前の受取会費について

質問者:そら投稿日:2015.05.01記事番号:050115102630000005

3月上旬にNPO法人設立の登記を完了した団体です。それまでは個人団体として活動していました。
2月中旬に法人設立の認証がされたという通知を受け取り、3月に登記を行いました。
登記時に設立当初の財産目録を作成したのですが、2月中旬の認証された通知が来た段階での資産を載せていました。

NPO法人が設立する前の2月の段階で、既に受取会費を現金で受け取っていましたが、この分は法人設立後の受取会費へ計上するのでしょうか?
単純に現金を受け取った日付でカウントするのであれば計上しない形となりますが、会費自体は法人設立に伴って受け取る収益となる為、計上しなくてはならないと思うのですが。
2月受取分も計上すると、現金の資産残高がその分ずれてしまう気がします。
その時はどのように処理したらよろしいでしょうか?

回答する
役に立った

1人の人の役に立ちました

回答内容

1回答者:脇坂誠也投稿日:2015.05.08記事番号:050815102640000005

2月に受け取った会費に相当する現預金は、設立時の財産目録に計上していたということですね。

会費分を収益に計上すると、残高が合わなくなるということですので、収益には計上しないうえで、会員には、「2月分に受け取った会費分を設立時の財産に含めています」と説明すればいいのではないでしょうか。

このページの先頭へ
< !-- [ footer ] -->