NPO法人の税務

質問内容

就労支援事業における解釈について

質問者: 投稿日:reg_datetime記事番号:073015102680000004

はじめまして。

障がい福祉サービスを行うNPO法人の会計を行っている者です。

当団体では就労支援の一環として、補助金でパン工場を設立し、
パンの売上から材料費などの最低限の経費を除いた金額を全て通所者に
工賃としてお支払いしております。

先日この事業が税法上、営利活動にあたると言われ税務署に届けを出さねばならないと言われたのですが、営利にあたるのか疑問を感じております。

また、工賃は人件費であるとも言われたのですが
どう解釈・計上すればよろしいでしょうか?

よろしくお願い致します。

回答投稿時の注意

回答内容は質問内容に沿ったものでお願いいたします。 また公序良俗に反するような用語や文面、不正確な情報を元にした意見や批判、感情的な意見、 その他当サイトに掲載すべきでない情報の入力はしないようお願いいたします。
また一旦投稿した内容の変更はできませんのでご注意ください。削除を依頼される場合はサイト運営者までお願いいたします。

回答投稿

以下のすべての項目にご入力ください

回答者名(ニックネーム可)
回答内容

以下は非表示ですが、ご入力ください

NPOまたは所属団体名
※所属団体がない方は「個人で活動」などとご入力ください
お名前(ご本名)
E-mail

ご利用上の注意と個人情報の取り扱いに同意の上、投稿してください

このページの先頭へ