NPO法人の会計

質問内容

事業譲渡(分離)の際の助成金物の処理について

質問者: 投稿日:reg_datetime記事番号:022117102860000002

「NPO法人会計基準」の掲示板で質問しましたが、内容的にこちらだと
教えて頂きましたので、こちらに質問させて頂きます。


障害者支援を行なっているNPO法人で事務をしております。

多岐の理由で、この度グループホーム事業を廃止することになったのですが、
グループホームの物件(賃貸)の大家でもあるスタッフの一人が、自分で続けたいとのことで独立する事になりました。

そこで、以下の点について困っています。
①大家(新法人を始めたいスタッフ)の承諾を得て、リフォームをしている。
②リフォーム及び一部の備品に関しては、助成金を頂いてる。
③法人の収入は基本的に「サービス給付費(=国からの支給)」なわけで、
 そのお金で助成金に関わる以外の部分も設備を整えている。
④私たちのNPO法人は今後も継続する。(解散するわけではない)

上記を考えると、
・そもそも事業譲渡という事自体ができるのか?
・できたとしても助成金に関わる部分の処理はどうしたらよいのか?
 (→物品ならまだしも、建物内装のリフォームがある)
と、会計的にも事務的にも、全体的に処理方法が全くわからずに困っています。

Q&Aのカテゴリの中で、こちら(会計)で良いのかもわかりませんが、
どうかお知恵をお貸しください。

回答投稿時の注意

回答内容は質問内容に沿ったものでお願いいたします。 また公序良俗に反するような用語や文面、不正確な情報を元にした意見や批判、感情的な意見、 その他当サイトに掲載すべきでない情報の入力はしないようお願いいたします。
また一旦投稿した内容の変更はできませんのでご注意ください。削除を依頼される場合はサイト運営者までお願いいたします。

回答投稿

以下のすべての項目にご入力ください

回答者名(ニックネーム可)
回答内容

以下は非表示ですが、ご入力ください

NPOまたは所属団体名
※所属団体がない方は「個人で活動」などとご入力ください
お名前(ご本名)
E-mail

ご利用上の注意と個人情報の取り扱いに同意の上、投稿してください

このページの先頭へ